FXをサポートするM4とM5ツールの違い

海外FXには副業でFXをサポートするツールが利用可能でそれぞれM4、M5というツールでFX事業者とは別の事業者がツールを提供しています。
ここで注目すべき点はFX事業者とは異なるソフトウェア開発事業者がツールを提供している点があり、それぞれ性能が異なります。

例えばM4は動作環境においては動作が遅いという問題がありますが、肝心の取引可能な事業所数はほぼすべての海外事業者で動作を可能としているため、ソフトウェアが動かないが故詐欺だったという被害を避けることが出来ます。

一方で安定した動作と快適性の高い動作環境のM5というソフトウェアは大手の海外FX事業所はプログラムを動作可能としていますが大手ではない小さな規模のFX事業所ではソフトウェアが動作せず正常な取引を行うことが出来ず人によっては詐欺被害を訴え出る可能性もあるのです。

つまりは海外FX事業所は2つのソフトウェアでのやり取りを可能としていますが、あくまでこれらツール類は安定した動作を提供することが出来るかどうかは未知数でアップデート回数が多いM5などにおいては高い動作の安定性と処理能力がある割には使用できる事業所を選ぶという問題があるため、どのような事業所でも対応可能な汎用性が高いツールではないのです。

逆に性能面でこそ劣り、動作が重いソフトのM4の方が対応可能な事業所が多い点を挙げるとこれらツールは使用する端末なども影響を及ぼすが少なからずとも動作が重くとも処理は成功しFXの主であるトレードを行うことが可能なのです。

なお、これらツールを利用する利点ですが、通常パソコンなどを利用してトレードを行うところをスマートフォンを通してアプリでやり取りをすることが出来るという利点が強みです。

この強みですが、例えば、パソコンでトレードを行う場合ノートパソコンのように移動可能な端末か固定式のパソコンでやり取りをするのが主ですが問題は通信回線および、パソコンの移動が自由であるかどうかという問題があります。
しかも本業でパソコンを使用するとなるとFXと本業を分ける必要性が生まれます。

この時、パソコンを使用しての本業とFXの副業を同時にこなすとなるとパソコンには負荷がかかります。
新しい最新のノートパソコンやデスクトップであればこのような問題は解消されるでしょうが、そうではない場合、パソコンの動作を妨げるため、FX専用の端末を所持する必要性が生まれます。
それを可能としているのM4とM5というツール群になるのです。