海外FX事業者が顧客を獲得する方法について

副業で知られている海外FXですが、海外のFX事業者が顧客を獲得するには多数の方法があります。これら方法を知ることでどのような広告媒体から海外FXの利用者として登録した方がお得であるかを解説していきます。

まず、一般的でかつ一番多い広告媒体ですが、アフィリエイト型のウェブ広告が海外FX事業者は一番多い広告媒体になります。
この広告媒体の利点は、ブログなどで海外FX事業者を宣伝し、ブログ上から登録してもらえればアフィリエイトプログラムを利用している側も利益を得ることができ、ブログ上のアフィリエイト広告から登録したものも登録ボーナスをもらうことができてお得という物です。

この方式の利点は、宣伝側と登録側が得をしている点ですが、問題については詐欺被害を宣伝者側が一方的に受けることの他、恨みを買うこともある点です。
しかも、詐欺被害が確定してしまうと宣伝者側も罰せられます。
ただ、これら問題は詐欺だった場合ですので通常は心配する必要性はないです。

次に多いのが、lineを利用した勧誘です。
この勧誘法は最近増えてきたやつで見知らぬ第3者からlineやTwitterを通して海外FXに登録して利益を上げようというような文言で巧みに誘いを受けるという物です。
この方法の利点は興味を持った側から返事を頂くことができる点にあり、海外FX事業者へと誘導しやすいためビジネスで海外FX事業者へと誘導する行為を行いやすいのです。

ただ、この方式、詐欺であることが大変多く、詐欺し自ら言葉巧みに海外FX事業者へと誘導を行いますので立ちが悪く、被害が増加しているやり口です。

何故、アフィリエイト型からこのlineタイプの宣伝法が主流となりつつあるかですが、これは単にアフィリエイトが廃れ始めlineを通して詐欺サイトに誘導したほうが利益になると分かってしまったが故、自らが詐欺に加担し収益を得たほうがお得であると判断し、詐欺が横行するline型の海外事業者の斡旋という仕事をやる人物が増えたわけです。

そして最後の宣伝媒体ですが、lineやTwitterにアフィリエイトプログラムを使用せず、公式サイトのみで宣伝を行うというタイプです。
このタイプは、すでに海外のFX事業者として定着している海外事業者が行う宣伝法で、正確には宣伝行為はせず、公式サイトを構えて利用者が訪れるまで待つというやり方です。
このやり方は利点においては有名な海外事業者であれば利用者自らが訪れてくれますので口コミに左右されることはあっても参加者は獲得でき、宣伝費用も運営側は支払う必要性が無いため、運営側はお得で利用者側も公式サイトから登録しますので正規のやり方で安全なのです。

以上が海外事業者が顧客を獲得する方法ですが、宣伝行為を行うことで利用者を獲得するか、宣伝行為を行わず利用者を獲得するかになります。